2017-08-24

仕事なしのバケーション

今年のバケーションも例年通り、義母と伯母の田舎のキャビンに行った。

大きな案件を一つ納品したばかりで、これで心置きなく休めると思いきや、もう一つ追加でと、バケーション前日に打診が入った。

長期のバケーションなら断らずに請けたかも知れないが、今回はたった3日間の休み。子どもたちはもう手がかからないとは言え、一緒に楽しく過ごしたい。ということで断った。

おかげで久しぶりに田舎の夏を満喫できた。

3日間ほどあくせく働いたところで、微々たるお金しか入ってこない。仕事の事を一切考えずに、違う環境の中で、心も身体も休めることは絶対に必要だ。今回はしみじみそう思った。

 キャビンの裏庭にて

2017-07-14

ウニウニウニ

親子3人で都会に出たついでに、寿司が食べたいという事で、私と息子がお気に入りのジャパニーズレストランに行きました。

奮発してクラフトビール「オゼノユキドケ」を注文。丸みがありマイルドな口当たり。さすが吟醸です。すっかり「お気に入り」になりました。群馬県館林が産地とな。親戚の家が近いので帰国の際は是非寄らなくては!

特上のにぎりセットはいつも通り美味しかったのだが、3人で一皿は足りず、ウニ一貫を追加で注文。チリ産は塩っぽく、カリフォルニア産は甘味があるということで、スタッフの勧めによりやや高めのカリフォルニア産を注文したのだが、これが悪かった。

夫(アメリカ人だが本人曰くウニには通らしい)が「腐ってる!」と言ってオーナーを呼ぶ始末。私は少し生臭いなと思ったけれど、なんだか海水を飲んだ時の味に似ていたので、これが生のウニなのだろうなと食べてしまいました。

結局、オーナーの配慮でウニの代金は帳消しになり、さらにデザートを無料で出していただき、めでたしめでたしの筈が…。その後、夫が注文したホットウォーターがなかなか来ないし、来たらカビ臭いと言って、またクレーム…。

息子と私はなんだか楽しめませんでした。悪いけど今度は「お父さん無し」で来ようとひそかに思った夜でした。

今回の特上寿司セットの一部
(3個ほど食べちゃってから撮影)



2017-07-13

繁盛期なのか

今日一日仕事の打診がいっぱいあった。今まで滅多に連絡してこなかった会社からも来たが、レートが低いしツールも覚えなければならないのでお断りしたら、お気に入りの会社から素敵な案件が舞い込んできた。早速来週から始まる予定。

翻訳業界は繁盛期に入ったのだろうか。 それとも偶然の仕業か。

とにかく明日の午後納期の翻訳を終わらせなくては。思った以上にリサーチに手間がかかる案件なので、間に合うようにガシガシ訳す。

忙しいのは良いことだが、大学から娘が帰って来るまでに部屋の掃除ができるか不安である。

寝るのに忙しい猫娘